ホーム > 畳知識箱

畳知識箱

カビ・ダニについて

カビ

空気のあるところにはどこにでもカビは発生します。
温度24℃以上相対湿度60%以上でカビの発生が始まります。
加湿器・石油ストーブ(水分を多く発散します)の使用に注意してください。
最近の建築物は、機密性に優れているため高温多湿になりやすいので、室内の空気の換気を十分に実施
してください。
もしカビが生えてしまったら次の処置をしてください。

 

  1. 風通しの良い場所で畳干しをします。畳を干す場所のない場合には畳を上げ空き缶などを台にして置き、
    風を通すだけでも効果があります。
  2. 漂白剤を水で薄め(有効塩素0.5%以下で使用)ゴム手袋をして雑巾で畳の表面のカビを拭取ります。
    次にアルコールを布に浸み込ませてこまめに拭取ってください。
  3. 天気の良い日には窓や戸を開け室内に風を入れてください。

 

ダニ

温度が24℃以上、湿度が60%以上という高温多湿条件ではダニが発生しやすくなります。
次のことを注意してください。

 

  1. まめに掃除し、ダニのえさとなる食べ物のクズやホコリを取り除いてください。
    また、窓を開けるなどして自然通気に心がけてください。除湿機を使用するとダニの発生を抑えられます。
  2. 畳の表面にいるダニは掃除機をかける方法が一番有効です。ゆっくり丁寧にかけてください。

pagetop

畳のお手入れ

おそうじ

通常の掃除の場合には、固く絞った雑巾で畳の目に沿って拭いてください。水が垂れ落ちる絞り方は絶対いけません。黒っぽく変色することがあります。(脱水機で絞った位の雑巾が一番良いです。)
掃除機を強くかけると畳表を傷めることがあります。かける時には、畳表の目に沿ってゆっくり丁寧にかけてください。

 

日光浴

畳は湿気が禁物です。畳を長持ちさせるためにも、カビの発生を防ぐためにも、年2回(春と秋)程度の畳干しをお勧めします。畳を干す場所のない場合には畳を上げ空き缶等を台にして置き、風を通すだけでも効果があります。

 

注意点

畳表は天然の植物(い草)で織られているものです。直射日光を出来るだけ当てないようにしてください。畳表の青みが早くあせたり、乾燥し過ぎることによって傷みやすくなります。日差しの強い日中では、薄いカーテンなどで直射日光を遮るようにしてください。
畳の上にカーペットや絨毯などを重ね敷きすると、畳との間にチリやホコリ・食べ物のクズ等がたまるとカビが発生しやすくなります。また、湿気が溜まりやすく畳や建物を傷めるだけでなくそこで生活する人にとっても不健康な状態になります。

 

 

メンテナンス

家具の跡

お湯をかけてぬれたタオルの上から、アイロンをかけるとかなり戻ります。

縁の汚れ

ぬれタオルに洗剤をつけてたたいた後、拭取ってください。

日焼け

予防方法は、薄めた酢を使い雑巾掛けをします。(バケツ一杯の水に酢をおちょこ三杯分)

醤油のしみ

小麦粉・ベビーパウダーなどをふりかけ、粉末に吸い取らせ処理してください。

インクのしみ

牛乳で湿らせて拭取ってください。
または、レモン汁で湿らせた後、塩素酸ソーダを10倍に薄めた液で拭いてください。

フェルトペンのしみ

油性のものはマニュキアの除光液で拭取ってください。

クレヨンの汚れ

クレンザーをふりかけてブラシでこすり、紙で拭取ってください。

鉄さびの汚れ

トイレ用の酸性クリーナーで拭取ってください。

石油・尿のしみ

粉末の洗剤・塩・小麦粉・ベビーパウダーなどをふりかけて、吸収させてきれいに拭取り、かたく絞った雑巾で拭いてください。

 

 

畳のリフレッシュ

裏返し

新畳を入れてから畳表が日焼けしたり、傷み始めたら畳表を裏返しにして張り替える作業です。
3~5年目頃が適当だと考えます。
※畳表の傷み具合が進みますと裏返しができない場合があります。

 

表替え

畳表が傷んできたら畳床をそのまま生かし新しい畳表に取り替える作業です。
5~10年目頃が適当と考えます。

 

畳替え

畳床も含めて畳全体を新品に替えることです。
わら床の場合、替える目安は適度な弾力がなくなったり、凸凹が激しくなったり、大きな隙間が出来てきたら、畳替えをしてください。

 

 

徹底した管理・生産体制のもと、い草づくり~加工~出荷を行っています

1 苗作り

排水の良好な土質の良いところで、い草苗を作ります。 苗作り

 

2 株分け

苗床から掘り起こし、植付けように7~8本ぐらいずつに株を分けます。
株の丈を約20cmに切り揃え、本田に植付けの準備が整います。
株分け

 

3 い草植付

11月中旬~12月に水を張った水田に植えられます。
株間は15~18cm位の正方形または、18~15cm位の長方形になる
ように植付けられます。
い草植付け

 

4 先刈り

4月中旬~下旬、生長しているい草を地上から約45cmの高
さに刈り揃えます。
先刈りの効果は、1.成育を整える。2.先枯れを少なくする。
3.着茎を少なくする。4.早期倒伏を防ぐ。5.品質を向上させる。
一種の若返り法であります。
 
先刈り

 

5 網掛け

5月上旬に、倒伏防止のために網掛けを行います。
い草は茎が細長いため、草丈が1~1.2mになると自然に倒伏します。
早く倒伏すると茎の伸長や分けが悪くなり、病気の発生や品質低下
を招きます。
倒伏防止は茎を垂直に保ち均一に成育させる効果があります。
網掛け

 

6 刈り取り

6月上旬~7月中旬に刈り取りをします。
刈り取り時期は茎が充実、色、堅さ、弾力性が適度になった時の作業。
労力と技術を要し大変であります。
刈り取り

 

7 泥染め

刈り取られたい草は、その日のうちにい草独特の色、香り、光沢を
出すため、天然染土を使って泥染めを行い、その後、乾燥させます。
 
泥染め

 

8 乾燥

  1. 天日乾燥
    泥染めされたい草をその後の田圃に並べ、太陽光により約2日かけて
    乾燥させます。
  2. 火力乾燥
    泥染めされたい草を火力により約12~13時間かけて乾燥させます。
乾燥

 

9 選別

選別機で様々な長さのい草設定し、その長さで選別していきます。 選別

 

10 織り

乾燥させたい草は、長さごとに選別し、傷、太さのチェックをして畳表に織り上げていきます。 織り

 

11 仕上げ

製織された畳表は、織り傷がないかなどをチェックする仕上げを
行います。
仕上げ

 

12 出荷

検品センターにおいて、一枚ずつ厳しく検品され、合格した製品だけを
出荷します。
出荷

 

PAGE TOP