ホーム > 畳表のできるまで

畳表のできるまで

徹底した管理・生産体制のもと、い草づくり~加工~出荷を行っています

1 苗作り

排水の良好な土質の良いところで、い草苗を作ります。 苗作り

 

2 株分け

苗床から掘り起こし、植付けように7~8本ぐらいずつに株を分けます。
株の丈を約20cmに切り揃え、本田に植付けの準備が整います。
株分け

 

3 い草植付

11月中旬~12月に水を張った水田に植えられます。
株間は15~18cm位の正方形または、18~15cm位の長方形になる
ように植付けられます。
い草植付け

 

4 先刈り

4月中旬~下旬、生長しているい草を地上から約45cmの高
さに刈り揃えます。
先刈りの効果は、1.成育を整える。2.先枯れを少なくする。
3.着茎を少なくする。4.早期倒伏を防ぐ。5.品質を向上させる。
一種の若返り法であります。
 
先刈り

 

5 網掛け

5月上旬に、倒伏防止のために網掛けを行います。
い草は茎が細長いため、草丈が1~1.2mになると自然に倒伏します。
早く倒伏すると茎の伸長や分けが悪くなり、病気の発生や品質低下
を招きます。
倒伏防止は茎を垂直に保ち均一に成育させる効果があります。
網掛け

 

6 刈り取り

6月上旬~7月中旬に刈り取りをします。
刈り取り時期は茎が充実、色、堅さ、弾力性が適度になった時の作業。
労力と技術を要し大変であります。
刈り取り

 

7 泥染め

刈り取られたい草は、その日のうちにい草独特の色、香り、光沢を
出すため、天然染土を使って泥染めを行い、その後、乾燥させます。
 
泥染め

 

8 乾燥

  1. 天日乾燥
    泥染めされたい草をその後の田圃に並べ、太陽光により約2日かけて
    乾燥させます。
  2. 火力乾燥
    泥染めされたい草を火力により約12~13時間かけて乾燥させます。
乾燥

 

9 選別

選別機で様々な長さのい草設定し、その長さで選別していきます。 選別

 

10 織り

乾燥させたい草は、長さごとに選別し、傷、太さのチェックをして畳表に織り上げていきます。 織り

 

11 仕上げ

製織された畳表は、織り傷がないかなどをチェックする仕上げを
行います。
仕上げ

 

12 出荷

検品センターにおいて、一枚ずつ厳しく検品され、合格した製品だけを
出荷します。
出荷

 

PAGE TOP